ZEH普及目標|奈良県・和歌山県の注文住宅・新築一戸建は井上地所

自社設計・自社施工 高品質の住まい
  • 店舗一覧
  • 会社情報
  • お知らせ
  • リフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ
MENU

ZEH普及への取り組み

井上地所トップページ > ZEH普及への取り組み

ZEH(Net Zero Energy House ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)普及への取り組み

ZEH とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。住宅の高断熱性能、省エネ設備機器、太陽光発電システムなどを組み合わせることで、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、年間のエネルギー収支をプラスマイナスゼロにする住宅のことです。

使う電力<創る電力<ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)

ZEH普及目標

省エネ効果で使う電力を削減 発電する量が消費電力より多い

株式会社井上地所は、平成28年度 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)において創設された「ZEHビルダー公募」の登録事業者です。
ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)普及目標の公表が義務付けられており、それに基づき下記の通り2020年度までのZEH普及目標を公表します。

  • 周知・普及に向けた具体策

    周知・普及に向けた具体策

    自社ホームページ、SNS、広告チラシに掲載します。ZEH仕様のモデルルームを建築し、見学会などイベントにより周知・普及に努めたいです。

  • コストダウンに向けた具体策

    コストダウンに向けた具体策

    自社の他仕様と、設備材料等できるだけ同一メーカーに合わせてコストダウンに努めたいです。

  • その他の取り組み

    その他の取り組み

    自社の標準仕様をラインナップ化します。設計、プランニング、申請、施工、アフターサービスまで自社にて行います。

普及目標(ZEH率)※ 新築 非ZEH
2016年度(平成28年度) 10% 90%
2017年度(平成29年度) 20% 80%
2018年度(平成30年度) 30% 70%
2019年度(平成31年度) 40% 60%
2020年度(平成32年度) 50% 50%

※NearlyZEH含む